ヤマトホームコンビニエンス

引越し業者のキャッチフレーズ

引越し業者のキャッチフレーズってどんなのがあるのかな。先日、夏休みで高速道路走行中にふと横を見るとサカイ引越しセンターのトラックが並んで走っていました。トラックの側面にパンダちゃんのキャラクターとロゴの他に「まごころこめておつきあい」の文字が。それを見て、そう言えば・・・と思ったんです。
そこで、ちょっと調べてみました。アリさんマークの引越社「皆さまに支えられて43年」、ヤマトホームコンビニエンス「暮らしの便利をトータルサポート」、カルガモ引越センター「格安引越し・安心引越し・丁寧引越し」、ファミリー引越センター「家族の笑顔と夢を乗せて」・・・。

 

ふむ。似通っているような、それぞれ違うような。ヤマトはハウスクリーニングなども含めてサービス提供しているようなので、若干毛色が違うようにも思いますが。ただ、個人的に思うのは、引越し業者に求めることはやはり丁寧さだと思うんですよね。「まごころ」があれば自然に丁寧になるかもしれませんが。だから「丁寧」ってキーワードなんじゃないのかな。

 

ただ、丁寧だけじゃなくてスピードも大事、とも思うんです。この2点をクリアしている業者であれば、安心して荷物を任せられますよ。なので、私はヤマトホームコンビニエンスを推します!今までに3回お願いしましたが、とにかくスタッフの手際がいいのですよね。家具や家電の扱いが実に丁寧なのですが、実にテキパキと作業が進んでいくのです。毎回感動しながら見入ってしまってました。

 

ヤマトが引越しに特化してキャッチフレーズを作るならどんなのにするでしょうね。

関連ページ

トランクルームの押入れ産業はレンタルスペースや文書保管も
トランクルームの押入れ産業は、トランクルームだけでなくレンタルスペースや文書保管のサービスもあります。
一人暮らしから二人暮らしで、荷物が多い引越し
一人暮らし生活から二人暮らし生活へ。ご結婚することになったら、当然ながら二人の愛の巣に移るにあたって、不要になる家具や家電が幾つもあるでしょう。リサイクルショップやネットオークションで売ったりなど、処分を考えなければなりませんね。
荷物を実家に引き揚げる
荷物を実家に引き揚げた思い出深い引越しです。