荷物を実家に

思い出深い引越し

引越し経験は多い方だと思います。大学進学に伴う初めての独り暮らし以降、いろいろな引越しをしました。特に記憶も鮮明で思い出深い(?)引越しも幾つかありますが、新婚の時のそれは、なかなかでしたね。

 

ちょっと変わった引越しではありました。と言うのは、主人は入籍の1ヶ月後に仕事で海外に行くことが決まっており、彼の暮らす部屋も早々にひき払わなければなりませんでした。それから渡航までの期間どこで暮らすかですが、彼の実家には既に空いている部屋が無く、またせっかく結婚したのだから少しの期間でも一緒に暮らしたいと思ったこともあって、考えた末私の実家で1週間ほど一緒に暮らすことになりました。

 

そうなると、独り暮らし中だった私も部屋を出ることになる訳で、ならば彼がいる内にできるだけ荷物を実家に引き揚げてしまおうということに。トランクルームがあれば楽なんですが。

 

職場の後輩達にパソコンデスクと椅子、ソファ、姿見などの家具は譲りましたが、残りの家電やベッドなどは実家に運びました。どうやって運んだんでしょう?いくら分解してもベッドなどはそうは小さくできないように思いますが・・・彼のお父さんのライトバンを借りたんでしょうか?あんまりその辺の記憶がないのですが・・・。あ、先述のパソコンデスクは分解して電車で後輩の家まで運びました。で、後輩宅で組み立てまでして。
パソコン
そして、まだまだ運べる!ということで最後にタクシーでプラスチック製の5段チェスト(クローゼットなどに入れて使うようなもの)を運んだんです。トランクに入らなかったため、後部座席に乗せ、私は身体をできるだけ細くしてはじっこに座りました。ちなみに彼は助手席でのんびりと。実家までの距離は4駅分でしたが渋滞してしまってなかなか着きませんでした。しんどかった・・・。

 

後に残った荷物は処分したもの以外はこまめに手で運びました。こうしてなんとか業者を使わずに引越しできたのでした。すごく疲れたので、特に印象に残っています。

関連ページ

トランクルームの押入れ産業はレンタルスペースや文書保管も
トランクルームの押入れ産業は、トランクルームだけでなくレンタルスペースや文書保管のサービスもあります。
ヤマトホームコンビニエンス「暮らしの便利をトータルサポート」
スタッフの手際がよく、家具や家電の扱いが実に丁寧なのですが、実にテキパキと作業が進んでいくヤマトホームコンビニエンスはおすすめです。
一人暮らしから二人暮らしで、荷物が多い引越し
一人暮らし生活から二人暮らし生活へ。ご結婚することになったら、当然ながら二人の愛の巣に移るにあたって、不要になる家具や家電が幾つもあるでしょう。リサイクルショップやネットオークションで売ったりなど、処分を考えなければなりませんね。