建て替え 引越し

旧居から仮住まい、仮住まいから新居へ2度の引越し

建て替え引越し

建て替えが決まると、仮住まいへと引越しをしなければなりません。

また、家が完成すれば、新居へと移動します。
これって短期間に2回も引越しをすることになるので、費用面を考えても、手間を考えても大変ですよね。
さらに、手狭な仮住まいに、すべての家財を運ぶことができない場合は、荷物預かりや保管も考えなければなりません。
そんな時に便利なのが、引越し業者の「引越し建て替えパック」。

 

倉庫の空きスケジュールもあるため、早めに見積もりだけでもしておきましょう。

クロネコヤマトの建て替え引越しパック

クロネコヤマトの「建て替え引越しパック」は、旧居から仮住まい、そして仮住まいから建て替え後の新居への引越しだけでなく、不要品の引き取りや、荷物の一時預かりなどもしてくれるうれしいサービスです。

クロネコヤマトではさまざまな形態の引越しサービスを提供しています。
ファミリー向け、単身向けは基本的なものですし、各社やっているところではありますが、ひとつユニークなものに「建て替え引越しパック」というものがあるんです。

 

どういうものかというと、住まいを建て替える時、仮住まいに引越ししないといけないですよね。
その引越し作業、そして仮住まいに入りきらない家財の一時預かり、そして新居が完成した際の、仮住まいから建て替え後の新居への引越しまで、完全にサポートしてくれるというものです。

 

サービス内容は家財の保管だけではありません。
荷物の預かりに関しては、好きな量だけ預けることができ、さらにいくら預けても料金は変わりません。
ちなみに保管期間は5ヶ月以内、もちろん延長も相談に応じてくれます。
貴重品や毛皮製品、ピアノやオルガン、自転車などは対象外となりますが、それでも日用品や衣類などだけでも預かってくれれば大助かりなこと間違い無しですよね。

 

さらに、荷物の預かりだけでなく、不要品の引き取りもお願いできるんですよ。
新居では新しいものを使いたいというとき、古いものを処分するのもかなりの手間ですし、物によっては費用がかかる場合も。
そこをお願いできるというのもとても助かりますよね。
さらにさらに、新居で快適な生活を送れるように、引越し後の使用済み資材の引き取りや、家具の配置変えまで請け負ってくれるという「建て替え引越しパック」。
至れり尽くせりの内容で、建て替えするなら是非利用したいサービスです!

 

 

ページの先頭に戻る

建て替え中の仮住まい。手配の方法は?

建て替え中の仮住まい。子供が入れば、学区内で、予算内で、家族が住めるような広さで、、ということで条件が厳しく、いい物件は難しいかもしれません。不動産業者の他、仮住まい専門の業者やウィークリーマンションなども視野に入れましょう。

建て替え中の仮住まい

自宅を建て替えることになると、必要になるのが仮住まい。

家全体の建て替えや大規模なリフォームを行っているときには、そこには住めませんからね。
ただ、工事の期間の間だけ、つまり1ヶ月から半年程度の期間限定の住まいとなるわけです。
ですから仮住まいの条件としては、「短期間で賃貸できる物件であること」ですね。

 

家族が多い場合は、一軒家に相当する物件を探さないといけないかもしれません。
お子さんがいて、学区が関係あるとなると、なかなか条件が厳しくなります。
予算もありますしね。
不動産屋さんに加えて、仮住まい専門の物件を扱う業者さんを見つけておくとか、場合によってはウィークリーマンションなども候補に入れるとよいでしょう。

 

また、建て替え前の家から、仮住まいへの引越し、そして仮住まいから新居への引越しという、2度の引越しについても忘れてはいけません。
さらに、仮住まいに住んでいる間の「荷物の置き場所」も確保しておかなければなりませんよね。
大概の場合、仮住まいは狭くなることでしょうし、どうせ一定期間しか住まないので、すべての荷物を運び込むというのはムダがありそうです。
トランクルームなどの倉庫を探しておくか、荷物を預かってくれるような引越し業者にお願いするなどするとよいでしょう。

 

 

ページの先頭に戻る

ハローストレージのようなトランクルーム専門業者の倉庫について

トランクルーム専門業者の倉庫は、警備なども万全体制、また空調も完備されているなど、快適な保管空間となっています。

コンテナへ車で

トランクルームの専門業者の倉庫、実はなかなか素晴らしいんです。
例えばハローストレージ。
首都圏最大級の屋内型トランクルームを所持しています。
24時間利用可能な収納スペース。
SECOMあるいはALSOKの2重ロックで安心です。
さらに、快適な空調設備も完備。
首都圏を中心に約15,000室あり、需要に応えています。

 

また、コンテナタイプの倉庫もあるのですが、こちらは海上運送用の丈夫なコンテナを利用した大型収納スペース。
北海道から九州まで全国で約30,000室を展開しています。
コンテナ前までクルマで乗り入れ可能だから、荷物の運搬などにも困りません。

 

トランクルーム、例えば季節ものなどを入れておいたり、仕事用品を入れておいたりと、活用の方法はさまざま。
会社の商品の在庫を入れておくという使い方もあります。
大規模な倉庫を借りるよりも気軽で、コストも抑えられるというメリットが。
セキュリティがしっかりしていれば心配もないですしね。
365日24時間利用可能だということも、利便性が高く、ビジネスでも充分使えるというポイントと言えるのでは。
もちろん家庭での利用についても、子供が増えた時や、リフォームや引越しの一時利用としても使う事が可能です。
空調が整備されているから、荷物が傷む心配もほとんどありませんよ。

 

外部リンク

長距離の引越し、JR等のコンテナの料金について 東京から、北海道。福岡から仙台など、長距離引越しで利用するのがJRなどのコンテナ便やフェリー便。気になる料金などをまとめてみました。
ベビーベッドの送料。宅急便や配送で、安く友人や実家に送るには 不要になったベビーベッドを妹夫婦にあげたい、オークションで落札したベビーベッドを輸送したい。そんな時には、らくらく家財宅急便もいいですが、引っ越し業者もおすすめです。

 

 

ページの先頭に戻る